元金がまったく減らない!?リボ払いの仕組み、メリット・デメリット

大学のサークル活動にお金を使いすぎて家賃が払えなくなり、クレジットカード現金化を考えているそこのあなた。お金を手に入れることばかり考えて、その後の返済のことはあまり考えていないのではないですか。

普段からお金に困っているのならリボ払いがおすすめですが、これにはデメリットもあります。

「そもそもリボ払いって何?」
「返済にはどれくらいの期間が必要なの?」

当記事ではリボ払いの仕組みと、そのメリット・デメリットについてお話しいたしますので、参考にしていただければ幸いです。

リボ払いの仕組みって?メリットとデメリットは?

リボ払い デメリット
月々の返済額が少額であるということ、これがリボ払いの特徴です。仕組みを簡単にご説明いたしましょう。

リボ払いの返済額は、全体の借入金額(買い物に使った金額)によって決定されます。たとえば100,000円までは3,000円、100,001~200,000円までは5,000円、200,001円~300,000円までは10,000円というふうに、借入金額に応じて月々の返済額が決まるのです。

この例でいくと、カードを10,000円使った場合と90,000円使った場合の返済額は同じく3,000円となります。102,000円カードを使った場合、次回の返済額は5,000円ですが、5,000円返済後は総借入額が100,000円を下回るため、返済額は月々3,000円となります。

返済の仕方

それではリボ払いを選択した場合、返済方法はどうなるのでしょうか。まずひとつに「自動引落」がありますね。これは指定の口座から毎月返済額が引き落とされるというものです。

ただしカードによっては自動引落を適用するには別途手続きが必要な場合があります。クレジット機能付きのTカードなんかはそうですね。

自動引落を使用しない場合は、コンビニやATMなどからの振込が主となります。コンビニでは専用の機械で支払書を発行し、これをレジに持って行きます。

ATMの場合、最初の画面で「クレジットカード」を選択し、カードを挿入、その後、暗証番号を打ち込み、返済画面へと進み、任意の金額を振り込みます。

任意というのは、月々の最低支払額を超えていればいくらでもいい、ということです。先ほどの例でいきますと、100,000円までは返済額が3,000円ですが、1回の返済を10,000円、20,000円と増額することも可能なのです。

もちろん一括で支払うこともできます。増額返済はコンビニで支払う場合にも可能です。また、月に何度でも返済をすることができます。これはリボ払いのメリットと言ってよいでしょう。

利息負担増のデメリットも

計画的に返済をしていける人であれば、リボ払いでも大丈夫でしょう。しかしサークル活動で、あるいはその活動の打ち上げなどで無駄遣いしてしまうタイプの人は、おそらく毎月最低金額しか返さず、返済期間が長引くのではないかと思います。そうすると何が起こるか。利息負担の増大です。

クレジットカードの利息は、年利18%のことがほとんどです。100,000円の借金が1年後には118,000円になる計算ですね。

もちろん1年間返済しないことはあり得ないので、この金額はあくまで目安とお考えください。さて、この18,000円という金額。12ヶ月で割ると1,500円です。それほど大きな金額ではないですよね。しかし月々の最低支払額をもう一度思いだしてください。

先ほどの例では月々3,000円でした。つまり返済額の半分が利息返済に充てられ、元金がまったく減らないのです。

これがリボ払いのデメリットというか、巧妙なところです。返済で生活が苦しくなることはほとんどありませんが、長い目で見れば一括や分割よりも高い金額を支払うことになります。

リボ払いの仕組みまとめ

以上、リボ払いについてお話しいたしました。お金のあるときに返す、短期間で返し終えることが大切ですね。

自分はだらしないと自覚している方は特にご注意ください。

http://www.aroomtoheal.org/