筋肉サプリはHMB配合の商品を選ぶ

筋肉サプリ HMB
筋肉を作るためのサプリといえば、もっとも有名でよく使われているのはプロテインと言っていいでしょう。今でもたくさんの人が筋トレを実践して筋肉量を増やしたいと思えば、筋トレと同時にプロテインを摂取していることでしょう。

しかし、実はプロテインよりも効率的に筋肉を作る成分が最近注目されています。それがHMBという成分です。

HMBは1996年にアメリカで発見された成分でアメリカではよく使われる成分です。HMBは日本でも2010年に販売ができるようになりました。

HMBは正式には「3−ヒドロキシイソ吉草酸」と呼ばれる物質ですが、筋肉サプリの成分表示としてはβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸と表記されることがほとんどです。表向きはHMBと宣伝されることが多いですが、β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸の表記があれば、それはHMBのことと考えて差し支えありません。

HMBは人間の体内で合成することができず、体外から摂取するしかない必須アミノ酸のロイシンの中間代謝物です。プロテインはタンパク質ですが、プロテインを摂取してもプロテインのままでは筋肉を作る働きをしてくれません。

プロテインが体内で必須アミノ酸であるロイシンに分解され、そしてそのロイシンが代謝されてHMBになってはじめて筋肉を作る成分と変化するということです。

そうであるならば普通に考えてみてもわかるように、プロテインを摂取するよりもHMBを直接的に摂取したほうが効率が良いのは明らかです。

それにプロテインからロイシンになるのは10%から20%程度しかありませんし、更にロイシンからHMBになるのは5%程度ですから、ある程度の量のHMBの代謝がされるためにはかなり大量のロイシンが必要になり、もっと大量のプロテインを摂取しなければならないことに行き着きます。

必要量のHMBを得るために大量のプロテインを摂取することは、返ってカロリーオーバーになってしまうことまで考えられます。

ただし、プロテインの摂取もそうですがHMBが配合されている筋肉サプリを摂取しただけで筋肉が作られるということはありません。

筋トレを実行しながら、HMBが配合された筋肉サプリを取ることでより効率的に筋肉を作ることができるのです。

筋トレを続けながらHMBが配合された筋肉サプリを利用することで筋トレの効率は確実に上がります。

それに販売されているHMBが配合された筋肉サプリには、HMBの他にも筋トレや筋肉量を増やすための有効成分が同時に含まれていることがほとんどですから、プロテインよりもHMBが配合された筋肉サプリのほうがいいとも言えるのです。